ウィメンズ アワード 〈LLADRO WOMEN'S AWARD〉設立のお知らせ

2014/09/29

この度リヤドロは、自立を目指す女性たちを称えるアワード〈Lladro Women's Award〉を設立いたします。

リヤドロが創業時よりブランドの哲学・テーマとしてきたのが「Timeless Values 普遍(不変)的価値」であり、その造形美は多くの女性たちに愛され、支持を受けてきました。

かつて、高度経済成長を背景に、経済的豊かさや社会全体のゆとりがある反面、女性が社会進出をする機会に恵まれないという時代がありました。
しかし、時代の変化とともに女性たちを取り巻くライフスタイルは大きく変わりました。
現代の女性たちはその親世代とは違い、社会進出の機会が多く与えられる一方で、価値観の多様化や男女雇用機会の均等、実力主義の普及など、女性の自立が求められる時代を迎えています。

このような変化の中、リヤドロは「社会的成功」や「経済的豊かさ」、そして「精神的なゆとり」を願う女性たちの為に役に立ちたいという思いで、〈Lladro Women's Award〉を立ち上げるに至りました。

〈Lladro Women's Award〉では、分野を問わず専門性を追求し、社会的に実績や定評が認められている女性たちを称賛いたします。またこれから自立を目指そうとする女性たちとのネットワーキングの場を設け、女性たちが「社会的成功」や「経済的豊かさ」を得ていくための一助になりたいと考えます。

『欧米文化では「Noblesse Oblige(ノーブレス・オブリージュ)」という言葉が社会に溶け込んでいます。これは「社会的成功」「経済的豊かさ」を得た者は、「精神的なゆとり」を持って自身が受け継いだ伝統や文化を次世代へ継承し、社会へ貢献することが義務であるということを意味する思想です。

人は、この「精神的なゆとり」があって初めて「芸術(美)」「伝統」「文化」や「チャリティ」に対して関心を持つものです。これらは時代や世代を超えて受け継がれるべき「Timeless Values 普遍(不変)的価値」であり、これはリヤドロのブランド哲学にも通ずるものです。リヤドロは〈Lladro Women's Award〉を通じて、未来を担う女性たちに「芸術(美)」「伝統」「文化」「チャリティ」を伝承していく活動も行っていきたいと考えております。』

―麦野 豪(リヤドロ ジャパン 代表取締役 兼 CEO)

-------------------------------------------------------------------------------------


なお、〈Lladró Women's Award〉のアドバイザーとして、それぞれの専門分野において伝統や文化を継承され、「Timeless Values」をまさに体現されている
染織研究家 木村 孝(きむら たか)先生、
洋菓子研究家 今田 美奈子(いまだ みなこ)先生
のお二人にご就任頂き、今後の〈Lladró Women's Award〉の選考や活動にご協力頂く事になります。

第1回〈Lladró Women's Award〉受賞者は、おもてなしの達人として多方面から注目される食のトータルプランナーであり、おもてなし料理教室「Salon de clover」を大阪・心斎橋で主宰している小川薫先生に決定し、9月30日に受賞イベントをリヤドロブティック大阪にて開催いたします。

-------------------------------------------------------------------------------------


〈Lladró Women's Award〉の発表は不定期とはなりますが、随時受賞者情報はオフィシャルサイトおよびFacebookにて配信させていただきます。